Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

文を書くときは

スポンサーリンク

文字を書くブロガー界隈で、こんなことを言うのは大変恐れ多いのだが、私は文章を書くことが得意である。300文字、1000文字、3000文字、10000文字以内と与えられた条件の中で話を組み立てることが得意だ。これまで特に意識をしたことはないのだが、これってすごいことだよと文を書くことが苦手な夫が褒めてくれたので、今日は私なりの文の書き方を書いてみたいと思う。

少し話しはそれるが、小学校一年生の頃、お話大会に出場するための作文が宿題に出た。
どうやら期限通りに提出したのは私だけだったようで、必然的に私が出ることになった。(あと声が大きくて態度もでかい=大勢の前でも萎縮しなさそうというのもあったと思う)
お話し大会に出るためには、まず提出した作文をお話し大会用に書き直さなくてはならない。小学校1年生のとき、私の作文を気に入ってくれた先生が熱心に添削をしてくれて、計10回以上は赤ペンをいれてもらった。鉛筆で書いては消し、書いては消しを繰り返して学校から帰るときには右手の小指側の側面が鉛筆の墨で真っ黒だったことを今でもよく覚えている。
一度出てしまえば楽なもので、小学校1年生から中学校3年生まで、何かしらのおはなし大会に出場していた。もちろん先生の添削による夜までの指導付きで…。文章を書くことが得意になった所以はこの経験があったからだと思う。

 
文を組み立てる時のコツは「転」から考えることだ。「転」は一番インパクトのある部分である。あるテーマを伝えたいとき、そのことを「転」に持ってくる。冒頭で述べてしまえばあとの話はぼやけてしまうし、そうなった経緯が伝わらない。そのためにはなるべく丁寧かつ簡潔でわかりやすい説明が必要である。それが「起」と「承」にあたる。(転を最初に持ってくるやり方もあるが、順番としては転、起承転結なので結局同じ流れになる。)
大事な話を最後に持ってくれば、フォローがない。「え?」で終わってしまう。これがいわゆるサプライズである。(信じるか信じないかは貴方次第です!という某番組の決まり文句はこれにあたる。)
印象には残るが、説明力に欠けるため見た側の解釈が伝える側と異なる可能性が出てくる。これは文章を書く上であまりよろしくない。「転」をより際立たせるには、「結」という〆の文章がとても大事なのだ。
一番伝わりやすいバランスは「起承転結」が「2:3:4:1」くらいである。

今文章を見直しているが、少し「承」にボリュームがありすぎて困っているのでこの文章を打っている。うん、これでだいたい4割くらいが「転」になったかな。

このように、「承」と「転」のバランスを見ながら文を書いていく。足りなければ、どちらかを足したり、あるいは多いほうの文字を少なくしたりする。「承」はぶっちゃけ、メインテーマから話がそれてもよい。転につなげるために見る側の注意を惹きつける部分と考えて言いと思う。
よし、もう伝えることはないので〆にいく。


昨日買い物にいく途中、この「起承転結」ネタを思いついた。買い物を終えて家に帰る途中で構成はこんな感じで書こうと決めて、今書いている。
文を書くことが苦手だという夫に、本投稿が何かの参考になれば幸いである。


PS
文タイトルオマージュ:歌を歌うときは/星野源