Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

我が家の家計簿

スポンサーリンク

 私家計簿をつけるのが趣味でして。
いや、最初は嫌い(というか宵越しの金は持たねぇ派)だったんだけど夫がお金細かいマンで仕方なく強制&矯正で2年ほど家計簿を続けるうちに段々とお金を管理することが好きになってきました。

「どうやっているのか知りたい」
とツイッターのフォロワーさんや実際のお友達にも言われたことがあるので簡単に我が家の家計簿事情を紹介したいと思います。

 

1. 収入/支出/使い方の把握

f:id:shachilog:20171201091836j:plain

我が家は毎月初日に手書きの家計簿表をつけます。
今はかなりシンプルになりましたがここまでたどり着くのに2年かかりました。

まず、

何がどこから入ってきて
何がどこへ消えていき
何をどう使ってるのかわからない

これさえ解決できればもう家計簿なんて90%終わったようなもの。

逆に言うと
これを把握するのに最低3ヶ月はかかりました。我が家の場合。

このストーリーは涙無しには語れないので(なぜなら私がお金にズボラすぎで泣きながら支出を書かされたから)後述するかあるいはしないとして構造を説明します。

我が家の通帳は大きくわけて5つあります。(画像のうっすい緑の文字と枠参照)

  1. 収入専用口座
  2. 夫個人の口座(引き落とし専用)
  3. 私個人の口座(引き落とし専用)
  4. 共通費の口座(引き落とし専用)
  5. 貯蓄用口座

ピンクの枠は現金として常に手元に保管しています。(お小遣いも帳簿につけてから渡す)

 

2.お金を仕分ける

帳簿をつけたら次にお金を仕分けていきます。
予算を組まないと使えないという鉄壁のルールを崩さないことが家計簿を続ける一番のコツです。
我が家はこんな感じで仕分けています。

f:id:shachilog:20171201093419j:plain

画像1のピンクの枠の細分化バージョンです。100均で見つけました。
ここに仕分けたお金をいれていき、レシートもここへ全部いれます。
電気代などレシートより大きいものも、画像上のジャバラ式のポケットにガンガン突っ込んでいきます。なくさないことが大事。

セキセイ セマック ドキュメントファイル 長3(A4 3つ折) ホワイト MA-2112

セキセイ セマック ドキュメントファイル 長3(A4 3つ折) ホワイト MA-2112

 

 

3.月末のレシートをまとめる

f:id:shachilog:20171201093841j:plain


月末にレシートをまとめてホッチキスでとめてノートにマステで貼ります。
これは別にやらなくてもいいのだけれど、例えば電気代、ガス代など月によって変動するものは一年前のレシートを見ると予算を組みやすいのでこうしています。
食費はやりすぎですが、医療費や光熱費、あと臨時出費はレシートをまとめて家計簿表と一緒に保管しておくことをおすすめします。(程度がわかってきたら別に保管しなくてもOK、私は監査用(係:夫)に備えて一応すべてとってあります)

f:id:shachilog:20171201094251j:plain

臨時出費も事前に予算をたてて袋につめてそこから出してレシートも袋に保管。
使途不明金は極力出さない。

 

4.ちょっとしたコツ①

f:id:shachilog:20171201094537j:plain

私の個人口座の引き落としはまだ振り込み専用にしていない、引き落とし口座がわかれていることもあって封筒に直接書き込みして該当する口座に入れたらチェックをつけるようにしています。

ちょっとしたコツ②
慣れるまでクレジットカードを使わない。
これが意外に難しく、かつ使途不明金を出してしまう最大の要因。私は慣れるまでクレカ使用を禁止されました。また、クレカ経由で引き落とししていた毎月の料金もすべて直接口座から直接引き落としするように変更させられしました。(クレカの明細が当時手に入りにくかったため)

ちょっとしたコツ③
予算は少し大目に設定する。
はみ出すと精神的に辛いので。。あくまで毎月少し余ることを頭に入れて予算を組みます。また、臨時出費用としての予算も組んでおくこともお勧めです。貯金用口座には手を出さないルールを守るためです。

ちょっとしたコツ④
家族は家庭を運用する共同経営者と認識する。(参照;逃げ恥)
家庭の目的を定め、崩れないように運用する、という社長ごっこをすると楽しいです。
専業主婦だって、平社員ではありません。共同経営者です。(参照;逃げ恥)

ちょっとしたコツ⑤
なるべくローンは組まない、現金一括で買う。
これも使途不明金を防ぐ、あとローンは今後何かあったとき(病気、休職、転職、リストラ等)収入に変動があったときに支出をコントロールしにくい最大の原因になります。

ちょっとしたコツ⑥ 

予算分けのために、5~10万くらいは千円札で引き出す。(または両替する)
我が家は一度収入を全部引き出して、配分してそれぞれの口座に入れ直しています。
その際、面倒くださいのが端数。我が家は千円単位で区切っているので万単位で引き出すと分けれなくて面倒くさくなって放置して予算組まない・・・ていうことがかつてありました。例えば郵貯だと100千円と打ち込めば1000円札で100枚出てきます。(10万円分)千円単位で引き出すの、おすすめです。

※思いついた順に書き足しているので順がばらばらですみません。

 

余談
我が家はバランスシートというものを家計簿の下のほうにつけています。
バランスシートは賃借対照表という企業の経理が使うやつの別名です。
資産(貯金)がどのくらいあって、負債(借金、ローン等)がどのくらいあるのか。
これがわかると、今我慢して貯金したほうがいいのか、旅行に使っていい予算は今年はこれくらい・・・と大体の目安をつけることができます。
我が家の負債は奨学金です。二人とも借りていたので夫は無利子ですがそれでも三桁万円負債があります。でも、ちょっとくらい贅沢もしたい・・・でもどのくらい贅沢をしていいのかわからない・・・こんなときにバランスシートを見つめて、娯楽の予算を組みその中での楽しみ方を調べます。制限の中でどうやって楽しむかを考えるのも娯楽の一つと割り切ってしまえば低予算でも結構楽しい旅ができたりします。
ちなみに、バランスシートの方は主に夫が管理していて、貯蓄の5割程度は投資にまわすようにしています。私たちが働けなくなる頃には年金があるかもわからないし、投資の勉強をすることによって経済を知ることができるしお金が好きになります。
ただし、投資に回す割合は数年単位で減らしていく予定です。投資額は価値がゼロになる可能性も十分に考慮した上で「もし失ってもリカバーできる」範囲で運用するようにしています。まだ20代なので資産が減ってもバイトなりなんなりして取り返す、という算段込みで5割です。

家計簿をつけ始めたきっかけは、結婚式をあげる貯金を作るためがスタートでした。(籍を入れた一年半後に挙式しましたw)
貯金が順調・・・となったタイミングで私が休職してしまったり夫が転職したり引越ししたりとなかなかお金が貯まりにくい環境でした。めっちゃ貧乏になってしまったので少しでも節約したくてさらに家計簿を頑張りました。

貯金や家計簿は、それぞれ何かあったときに将来のプランを崩れにくくする防衛手段だと考えています。

以上、我が家の家計簿事情でした!
何か気になること、質問、異論があればTwitterにてお気軽にどうぞ~無責任でよければアドバイス的な何かできるかもです~DMもフォロー関係なくオープンですのでそちらでもいいですよー。(誰)

↓ツイッター

しゃち(Shachi) (@shaky_shachi) | Twitter

 

2017/12/5追記

貯金のノウハウやお小遣いの目安などは下記の本を参考にしました。
我が家もこの本どおり、お小遣いは月の収入の10%です。(私は専業主婦なので5%です。これも本に書いてあります。)

結婚したら知っておきたいお金のこと

結婚したら知っておきたいお金のこと