Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

【うつ日記】調子の良し悪し

スポンサーリンク

おとといくらいから少し体調を崩しています(うつ的な意味で)
大きい波は10年で3回ほど経験しているのでその比ではありませんが、
やはり辛いものは辛い。

こんなとき、私は極力眠るようにしています。
回復するまで、ただ寝続ける。
昼も夜も、眠いと思ったら寝ます。
いつでも眠れるこの環境に感謝しつつ。。

しかし、調子が悪いときは胸が押しつぶされそうな気分になり、なかなか眠れないので
そこは我慢せずにお薬を飲みます。
生理通が悪くなる前にイブ飲んどく的な。

前までは、本当にしんどくなってから飲むようにしていましたが、
今は「あ、落ちそう」と思ってその予兆が出始めたらさっさと服薬して寝ます。

「辛くなったら飲んでください」

と言われて渡される頓服薬は、大体眠くなるものが多いので
その力を借りて眠る感じです。

経験則的に、眠るって最強です。
一番嬉しいのは、どんなに辛くても寝て起きたら一瞬でも心が晴れやかになること。
今は、その心晴れやかな時間が数時間単位で続くのでとても嬉しいです。
(前は、分単位だったものが数時間単位に伸びたのは大きな進歩。)

一番酷いときも、(当時自覚はありませんでしたが)慢性的な睡眠不足でした。
うつは(病気の時期によって異なるが)寝たら(一時的に)治る。

こうやって乗り切り方がわかってきて、自分の体の使い方が段々把握できるようになってきました。
無理しないということは、他人と比べるのではなく、自分のキャパシティと比べて無理しないということですね。
調子が悪いときはなかなか気が付きませんが、肝に銘じておこうと思います。
他人と比べず、自分と比べて無理しない。

晴れやかな時間が嬉しいので日記を書きました。
それでは。