Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

それでもゴミは出る

スポンサーリンク

夫が留学を本格的に考え始めた9月頃、「職場もやめるし一回引越しをしたい」と言い出した。
確かに当時2LDKに住んでいて、二人で住むには十分すぎるほどだったし、家賃も共働き前提のお高めだったので私も快諾した。
引越し先は夫が留学準備をする為に色々と便利な立地で家賃は可能な限り安く、どうせまた引越しをするので1R。
当時本当に留学ができるのかまだ不透明な状態ではあったが、家計のスリム化のためにも致し方なかった。二人とも無職だし。

その引越しをするとき、ものすごい量のゴミが出た。
日ごろから物をためないよう意識していたのに。

荷物の行方は4種類に分けた。
・捨てるもの
・残すもの
・譲る、売るもの
・持って行くもの
残すものに関しては、都内にレンタルトランクを借りてそこにつめることにした。
170cm、人間が二人入るくらいの小さなトランクだ。
持って行くものも、郵送は使わない。
住所が決まっていないし、郵送は紛失のリスクがあるからだ。(職場で何回か経験した。)
だから本当に大事で、思い出として残しておきたいもの以外は捨てた&譲った。
ワンルームに入居するためソファやリビングテーブル、ベッドも売って冷蔵庫も譲り、洗濯機も場所をとるので一回り小さいもの(二層式3kgの超軽いやつ)に買い換えた。

本も500冊近くあったものから(私は)3冊に厳選した。夫もなくなく数十冊に絞った。
服はほとんどリサイクルショップやメルカリで売った。

ゴミは出さないように・・・と普段から意識していたがそれでも何十袋のゴミが出た。
2LDKから1Rの引越しは大変だった。

次、1Rでの生活はいたってシンプルなものになった。
大きな家具といえば布団とコタツくらいで、家電は掃除機、洗濯機、ガスコンロくらいだ。

のはずだったのに。

昨日、改めて分別をしたらまだまだたくさんゴミは出た。
主にはキッチン用品や使いかけの食品、食器ではあるが、さらにスリムにするため服も見直した。

今、私の手元にあるのはキャリーケース1個分の荷物だ。
そのうち半分が衣類で、半分はPC関連や普段使わないけど側に置いておきたいもの達。

1回目の引越し当初、最初からキャリーケースを想定して選択するようにしていたがそれでもいざ詰めるとなると勇気がいる作業だった。
想定していたより荷物が多かった。

あとは現地で買いなおそう。
昨日業者に来てもらったが見積もりより高い金額を請求されてしまい、ひと悶着あった。ゴミを捨てるって本当に大変だ。

でもゴミとなるものを使わないと生活できないのも事実だ。
そのことを、今回身を持って知った。

引越しは物を篩い分ける作業だ。
特に今回は渡米となるので本当にシビアな分別作業が必要だった。
疲れた。
物があるって幸せだけど、手放すときに辛い。
なるべく厳選したもので、シンプルに暮らしていきたいものである。
私たちの人生プランは、まだまだ引越し作業が待っているからだ。