Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

てんきゅーそーまっち

スポンサーリンク

夫のESLの先生いわく、「Thank you very much」は文法的にあってるけど普通使わない。使うなら「Thank you so much」だそう。

ということを夫から聞いてふと思い出した「べりーまっち」がアメリカ人にとって不自然に聞こえるんだなと思う出来事に遭遇した話。

日本からアメリカに来る際、いくつかの乗り継ぎ便でハワイ→カリフォルニア便に乗ったときのこと。

CAさんが飲み終わったドリンクを回収しに回っていて、私は「てんきゅーべりーまっち」とびびりながら渡し終わり、そのときCAさんはニッコリ微笑むだけで特にリアクションは無し。

そして前の方の列へ行ったときに、ある男性(白人)が「Thank you very much」と言いながらCAさんにコップを渡したその瞬間

CAさん、大爆笑しだす。

「ちょwwwあなた英語ネイティブよね?wwwwwなんでvery muchって言うのwwwwあ、あなたイタリア人なの?wwwwあなた可愛いわねwwwwww」

こんな感じで、最後は膝から崩れ落ちるほど笑ってた。
この男性が英語ネイティブなのか、イタリア語しか喋れない人なのかは当時の私にはわからなかったが、CAさん的には見るからに英語喋りそうなのに「very much」と言われるとは思いもしなかったらしい。

とりあえずお客さん相手にそこまで笑うってどうなのよって日本人の感覚的に相当びびったが、英語ネイティブからは笑っちゃうほど不自然なんだなと強烈に思い知らされた。

というわけで、今でも間違えるけど気づいたら言い直すようにしてます。

「thank you so much!」