Continue? .Shachi

続いたら奇跡

【スポンサーリンク】

皆さんのおかげで

スポンサーリンク

こんにちは。しゃちです。

 

気づけば10月も半ば、、

ブログを更新しない間にいろんなことがありました。

 

1.帰国直前にアメリカ旅行

2.日本に帰国

3.日本の不動産屋に騙される

4.身内の難病が判明する

5.いつの間にかYoutubeチャンネル登録者数が1000人を超える

6.台風19号で避難勧告が出て慌てて避難する

 

先日の台風19号で被災された方にお見舞い申し上げます。

私も人生で初めて避難所へ避難しました。

近くの川が氾濫の恐れ、という報道が出てすぐに避難を開始。

車がなく、飼っているペットもいたため、避難所にたどり着くまで時間がかかりましたが着いてさえしまえば災害に対する不安感が全然違いました。

幸いペットOKの避難所でしたが、ツイッター等を見る限り私たちはとてもラッキーだったようです。

とても貴重な経験をしたので、この話は追々別でまとめたいと思います。

 

さて、メインでお伝えしたいことは上の5番、

いつの間にかYoutubeチャンネル登録者数が1000人を超える

です。

 

ご存知かと思いますが(?)先日Youtubeを始めました。

www.shachiblog.com

www.shachiblog.com

 

ジャンルは何だろう…このブログと同じく雑記系です。

特にテーマを絞らず動画を作っている感じ。

今は帰国するついでに行ったアメリカ旅行をまとめています。

↓よかったら登録してくれると嬉しい。

youtu.be

 

でね、上のアメリカ旅行中にスマホがやたら通知鳴るなーと思ったらとある動画が伸びに伸びて、それを見てくれた人が高評価つけたよーとか、チャンネル登録されたよーという通知でした。

伸びに伸びた動画

youtu.be

 

1ヶ月以上前に投稿した動画が今になって伸びるというのは、Youtube独特の現象です。

その反対軸にいるのがツイッターね。情報のフレッシュさが何より求められる媒体です。

んで、この動画は2ヶ月以上経った今も再生され続け、それまで停滞していた登録者数が一気に伸び始めました。

結果、冒頭の登録者数1000人を超えるという事件(?)が起きたのです。

 

さて、登録者数は何人でも嬉しいものですが、Youtubeを始めた人にとって1000人という数字は一つの目標でもあります。

 

皆さんYoutubeを見る時に「広告」というものを目にする機会も多いと思います。

5秒経った後に、スキップ押すアレね。笑

あの広告は、

-登録者数1000人以上

-1年間の総再生時間4000時間

という条件をクリアしたチャンネルのみ広告をつけることができます。

 

近年Youtuberは儲かるというのをよく耳にしますが、彼らにお金が入るのはその広告を出した企業からの広告料の一部が Youtueberにも支払われるからなのです。

 

なのでYoutubeで一儲けしたい人たちは、まず上記の条件クリアを目指すことになります。

 

個人情報に厳しいこの世の中でせっかく顔を出すなら、何か相応の対価が欲しいと思っている欲深い私もまた、この数字を目標にしていました。

(とは言え、自分が興味あることを動画を作るという名目で試せるということが一番のモチベーションではあるんですけどね。)

 

マイペースで有名な私なので、登録者数1000人を目指す前に飽きたり、諦めたりするんだろうな…と内心思っていたのですが、ありがたいことに1000人を超え、広告をつける条件を達成することができました。

そして先日、「1000人超えたよ!広告つけてもいい動画か審査してくださいYoutubeさん!」と申請し、無事承認されました。

で、先週くらいから私の動画に広告が付くようになり、少しばかりの広告料が入ってくるようになりました。

 

本当に少しばかりですが、自分の力でお金を稼ぐってめちゃくちゃ久しぶりなのでとても嬉しかったです。

無職になって早数年…アルバイトでお金をもらった日もあるけど、どれも長期継続するに至らず不定期収入…旦那の顔色見ながら買いたいものを申請する日々…ダブルインカムじゃないことを責められた日…

 

少しだけ、光を見出せた気がする!

 

長々と書きましたが、このブログで何を言いたかったかというと、

ここに来るまで、様々な人のお力を借りたからこそここまで生きてこれたお礼を言いたかったのです。

このブログは、特に初期の方は私の病気についてかなりぶっちゃけて書いたものも多く、正直これを読んで気分を害す人もいるんじゃないかと不安になりながらも続けていました。

悪く言えば、構ってちゃんブログ。

ありがたいことに、時々読んでくれる方がいて、感想まで伝えてくださる方もいて。

共感してくださったり励ましてくださったり。

面白いと言ってくださったり。

 

対面だとなかなか吐き出せない心の闇を、ゆっくり時間をかけて自分の言葉で綴れるこの環境があったからこそ、人生崖っぷちの時を乗り越えられたのだと思っています。

 

おかげさまで、心身共に元気になりお金を稼ぐという社会復帰を果たすことができました。

これを読んでくださっている

 

皆さんのおかげで

 

 

これからも、仲良くしてくださると嬉しいです。

感謝。

 

Shachi.